不動産会社の押し売りに気を付けよう

なぜ押し売りが起こるのか

押し売りを行う不動産会社は、売り上げを重視しています。自分たちの利益のためならば、相談者の希望を無視して土地を売ろうとします。強気な態度でいられる理由は、土地は頻繁に購入するものではないためです。土地は決して安くない上に、家を建てる時などに一緒に購入するくらいです。実際に、何度も土地を購入する人はほとんどいません。悪徳な不動産会社としては、土地を売ってしまえばそれ以降会わずに済むため、不信感を抱かれても構わないのです。

また、売れ残っている土地をさっさと売却したい時にも、押し売りが発生するケースもあります。売れ残る原因は、人気がないことが挙げられます。いつまでも売れないままだと価格が下がり、価値もなくなってますます人気がなくなるため、押し売られることがあるのです。十分に気を付けましょう。

押し売りに負けないためのポイント

押し売りを行う不動産会社は悪徳であるため、様々な場面で合わないと感じることが多くあります。接客態度が悪い、デスクなどに書類が散乱している、細かいところまで掃除が行き届いていないなど、その場にいるだけで不快になるような空気が漂っています。押し売られないための手っ取り早い方法は、不動産会社を変えることです。土地は慎重に探さなければならない大きな買い物であるため、まずは自分に合った不動産会社を選ぶことも大切なポイントです。

しかし不動産会社を変えようとしても、勧誘の電話やメールがしつこくなることもあります。無視するのが一番ですが、もし対応する場合は毅然とした態度で臨みましょう。また、専門の機関に相談することも効果的です。